着物買い取りで着物以外は、どんな扱いを受けるのか

着なくなった着物を処分したい時は?

「もう袖を通す予定がないけれど、まだキレイで処分するにはもったいない」そんな着物をタンスに眠らせている方も多いのではないでしょうか?着物を譲る家族や知り合いがいるならば着てもらうことも出来ますが、そうでない場合は着物専門の買取業者に売却してみてはいかがでしょうか。
中古の着物は、和装を見直す風潮で着物を着用しての食事会などが開催されたり、若い女性の間でもファッションに取り入れたりと需要が高まっています。また、着物の着用が求められる茶道や華道、日本舞踊などの習い事でも着物の需要はあります。
お持ちの着物が状態が良く、尚且つ有名産地や有名作家の作品であれば高額での買取が期待されます。処分を検討する前にシミや汚れがないかなどの状態をチェックしておきましょう。

帯や小物は買取ってもらえる?

着物を購入する時は、羽織や帯・バッグなどの和装小物を合わせて揃える方も多いものです。売却を検討する着物に合わせた帯などの和装小物があれば、まとめて査定を依頼することもできます。ただし、着物専門の買取業者と言っても和装小物は取り扱っていない業者もあります。査定を依頼する前に問い合わせてみましょう。
着物は奥が深く、素材の違いや格式など専門の知識が必要です。経験や実績が豊富な専門の買取業者であれば着物の価値がわかります。着物を売却する時は信頼できる業者に依頼するのが大切です。買取業者のホームページやインターネットでの口コミや比較サイトなどを参考にするのも良いでしょう。また、不明な点や不安なことは電話などで相談してみることでスタッフの対応を知ることができ、業者選びのポイントになります。