価値がある着物を安く買い取られないために

高い着物を買いたたかれないためにすべきこととは?

使わなくなった着物。次の世代に譲ることが出来ればそれが一番ですが、着付けや好みの問題がつきもの。せっかく高価な着物があっても若い人は着ない、いらないと言うことがあります。
そんなときには買い取ってもらうことになりますが、買いたたかれるのではと不安になりますよね。一昔前の質屋のイメージです。「これは泥大島なのに」「加賀友禅なのに」「一点ものなのに」という心配はつきものです。
後悔しないためには売り手にもちょっとした努力が必要。買い手に飲み込まれないためには工夫はしましょう。自分の持っている着物の価値を知っておくことが重要です。保証書や購入時についてきた端布があれば準備しておきましょう。ネットであらかじめ相場を調べておくと交渉の際にスムーズです。

現在の流行も押さえておこう!

着物は素材も大切。「正絹」が最も高価です。汚れがないことも重要なアピールポイントになります。メンテナンスは周到にしておきましょう。たとう紙にきれいに包んでおきましょう。
着物に流行はないと言われますが、それは違います。色や柄には流行廃りがあります。これは着物が生まれてから現在まで変わりません。買取時に人気の傾向は知っておきましょう。業者とのやりとりの時にさらっと言及できればいいですね。業者はものを知っている相手には無謀な値段は出しません。
そして、着物のプロを選ぶことが最重要課題です。どんなにいい着物でも価値が分からない人には意味がありません。その道数十年のプロが望ましいです。着物の買取に特化し、製品に愛情を持っている業者を選びましょう。独自の販売ルートがあるところは買取価格が高め。リサーチはしっかりと行いましょう。