売る前に自分でも出来る着物の手入れ

しまっていた着物は手入れしてから買い取り査定に出しましょう

着なくなった着物がたくさんタンスの中に眠っているような場合、活用法の1つとして中古着物の買い取り店に売りに出すという方法があります。
着物は着ずに長くしまっておくと湿気がたまり、カビやシミができてしまうことがあるデリケートな衣料です。そうなってからでは売りに出すのも難しくなりますので、着ない着物は状態が良いうちに買い取り査定に出してみましょう。
しかし、一定年数しまい込んでいた着物には査定時にマイナスになる要因が生じている場合があります。カビやシミなどはその代表的なもので一般の人がなかなかとることができないものですが、中には手入れによって直せるものもあります。少し手間はかかりますが、これを直しておくのと直さずに査定に出すのではその買い取り額が大きく変わってくるので、ぜひ対応しておきましょう。

買い取り業者がすぐに販売できる状態の着物が高く売れます

まず、自分でできる手入れの1つとして考えられるのは着物を広げて干しておくということです。深いシワはとるのが難しい場合もありますが、着物用のハンガーにかけて干すだけでとれるシワもありますので、数日間部屋の中に干しておくとよいでしょう。そうすることによって、しまい込んでいた時についた防虫剤などのにおいや湿気も解消されますので、着物を干すことには大きなメリットがあるのです。
また、ほつれなどがある場合は自分で直しておくことも買い取り額をアップさせるコツです。買い取り業者側としてはすぐ販売できる着物を買い取りたいと思っていますから、手直しなどを必要としない着物であればより高い査定額をつけてくれる場合が多いのです。